金の持つ本来の色を表現する伝統の技


gyoumu4-0

様々な技伝統を受け継いだ伝統工芸士が京都にはたくさんおられます。その巧みを結集して伝統工芸品は生まれてきます。京都においての金めっきはニッケル下地を使用しない銅・銀を下地としためっきが主流です。それは伝統工芸品の風合いを活かす先人よりの知恵です。金の持つ本来の色を表現する為とニッケルと金は電位差が大きく腐食しやすい為に古くから用いられている手法です。

写真は伝統工芸である糸引きにより手作業で作成された銅製の瓔珞(ようらく)に消めっきをし、珊瑚をアクセントに用い繋いだものです。
瓔珞(ようらく)とは、装身具または仏堂・仏壇の荘厳具のひとつでインドの貴族の装身具として用いられていたものが、仏教に取り入れられ菩薩以後の仏像に首飾りや胸飾りとしてもちいられているものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. saiyou_pr1

    2014-12-17

    髙木金属ってどんな会社なの?

    髙木金属株式会社では、「現代の名工」を受賞した高い技術力にも奢る事無く、お客様からのどんな試…

おすすめ記事

  1. gyoumu1-2
    京都の伝統工芸の技術は形を変えて、京都の産業の礎となりました。そのため京都は、最先端の技術と…
  2. gyoumu3
    古より長い歳月を要して伝承された美と技の結晶をどのように表現すれば良いのか? 私たちに与え…
  3. jirei1
    金めっき、銀めっき、ニッケルめっき、ロジウムめっき、錫めっきなど、素材と用途に適しためっき加…

話題をチェック!

  1. 170908_nplus
    『N PLUS (エヌプラス)2017 ~新たな価値をプラスする材料と技術の総合展~』出展のご案内 …
  2. イメージ030
    『第46回ネプコンジャパン』出展のご案内 日 時:2017年1月18日(水)~ 1月20日(金)1…
  3. business_site_pr-ss
    「めっきラボTAKAGI」の工業製品向けサイトOPEN! 工業製品向けにめっき試作の対応をさせてい…
ページ上部へ戻る